FC2ブログ
診断士受験4年目にしてつかんだ2008年合格。多年度受験の反省を踏まえて、効果的な勉強法をアドバイスしていきますよ。

2010/09/29(水)10:45
こんばんは、Doopoです。


9月も残すところ後2日ですね。年度末の業務集中もようやく峠を越えて、
人並みの睡眠時間を確保できるようになってきました。

しかし、眠くても、電車内での読書はやめられないものですね。
管理人も遅ればせながら、「もしドラ」を読破しました。


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
(2009/12/04)
岩崎 夏海

商品詳細を見る


なんと百万部を突破したそうな。

以前から話題になっていた本なので、機会があれば読もうと思っていましたが、
いろんな意味で買いにくい本でしたね。

出張の際に、大阪の駅中書店で百万部突破のタスキをかけた
みなみちゃん(立て看板)が出ていたので、ふんふんと唸りながら購入しました。

内容は、元野球少女のみなみちゃんが親友に代わって野球部マネージャを
することになり、たまたま読んだドラッカーの「マネジメント」からヒントを得て
野球部を改革していき、遂には...、というストーリーですが、
あたかもテレビアニメのように物語が進行していくという独特のスピード感がありますね。

これは、作家の岩崎夏美さん(男性です!?)は、本業が放送作家なので、
そのあたりの手法が活かされている結果なんでしょうね。

診断士的には「マネジメント」自体を読んだ方がためにはなりそうですが、
一服の清涼剤のような本なので、気分転換に読むには良い本ですね。
スポンサーサイト
2010/09/12(日)11:35
こんばんは、Doopoです。


社労士試験も終わって、精々と読みたかった本を読んでいます。

今日の書評ですが、日本で知らない人はいないという勝間和代さんが
2009年に出版された「断る力」です。

断る力 (文春新書)断る力 (文春新書)
(2009/02/19)
勝間 和代

商品詳細を見る


管理人の読書歴では、勝間さんの2冊目の本となりますが、
刺激的なタイトルですね。
これまではタイトルが気になって手に取らなかった一冊です。(笑)

内容を一口で言うと、

 「自分のために、真剣に考えて、自主的に行動を決定せよ。
 そして、その結果のリスクは自分で取れ。」

となります。


日本人は、教育や習慣に由来する「同調志向」に陥り易い傾向があり、
上の者の判断に身をまかせてしまい、結果が良くない時には
不満をためやすいとのこと。

もし、それが自分の判断なら、悪い結果に反省はしても不満は
たまらず、次にどうしようかという建設的なフィードバックなされます。

つまり、自分の時間(人生)を有効に活用するためには、
流されない生き方を行うことが重要なわけです。


そして、今回初めて知ったのは、Chabo! というプロジェクトのこと。
勝間さんを始めとしたプロジェクトの方は、著書印税の二割を
途上国等へのボランティアのために寄付しているということ。
素晴らしい取り組みだと思います。

次に読む本も勝間さんの著書となりそうです。
プロフィール

Doopo

Author:Doopo
技術系のサラリーマンが中小企業診断士を目指して、2008年に一次・二次を合格しました。
これからは資格の効率的な活用を考えていきます。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー


07 ≪ 2019/08 ≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク
お知らせ

本ブログでは、アフィリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をご紹介しておりますが、商品のご購入に関しましては、お客様とリンク先ホームページ管理人とのお取引となります。お取引に当たりましては、当ブログ、および、管理人には一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。また、商品のご購入に関するお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

楽天

ブログ内検索

PR

カテゴリ
カウンター

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

 | 紆余曲折の診断士TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX