FC2ブログ
診断士受験4年目にしてつかんだ2008年合格。多年度受験の反省を踏まえて、効果的な勉強法をアドバイスしていきますよ。

--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/29(日)23:24
久しぶりにテニスではしゃいでしまい、背中を少し痛めてしまったDoopoです。
(借金ではないけど)首が左に回りません。(T_T)


ところで、社労士受験本についてブログを観てまわっていたら、本書の名前を
よく見かけました。そんなとき、書店で見かけたので、試しに購入してみました。

3分の1ほど読みましたが、なるほど、判り易いですね。

年金の複雑さは、その移行措置の多さにありますが、通常の基本テキスト
では、規制が中心に記載されています。規制だけが書かれているので、
なんでこうなっているのかは説明不足でよく判りません。
意味が判らん状態で、あれだけの量を暗記するのは無理があります。

本書の著者の真島伸一郎先生は、ここに着目して、法制度が作られてきた
歴史的な観点で、その移行措置を合理的に説明されています。
例えば、次の3点など判り易いですね。

?生年月日によって、加入者期間が短縮されること。
 →S61の大改正で、60歳まで全期間加入しても年金がもらえない人が
  でてしまうため。

?障害等級3級に相当しなくなって3年経つと法定免除でなくなること。
 →障害等級3級で3年で失効していたが、65歳まで延長されたが、
   法定免除期間が長くなりすぎるので、法定免除はそのままになった。

?老齢年金だけ課税されるようになっていること。
 →国庫負担の引き上げ(1/3→1/2)の財源確保のため。


言い回しには独特の癖がありますが、年金の理解を深めるためには
とても役に立ちそうな一冊でした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uyokyoku.blog63.fc2.com/tb.php/140-01a695f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

Doopo

Author:Doopo
技術系のサラリーマンが中小企業診断士を目指して、2008年に一次・二次を合格しました。
これからは資格の効率的な活用を考えていきます。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー


10 ≪ 2018/11 ≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク
お知らせ

本ブログでは、アフィリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をご紹介しておりますが、商品のご購入に関しましては、お客様とリンク先ホームページ管理人とのお取引となります。お取引に当たりましては、当ブログ、および、管理人には一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。また、商品のご購入に関するお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

楽天

ブログ内検索

PR

カテゴリ
カウンター

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

 | 紆余曲折の診断士TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。