診断士受験4年目にしてつかんだ2008年合格。多年度受験の反省を踏まえて、効果的な勉強法をアドバイスしていきますよ。

--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/02(火)00:43
こんばんは、Doopoです。


中小企業診断士は試験の話はいろいろなところで集めることができますが、
情報が少ないのが、口述試験と実務補習だと思います。 二次試験後の
この時期ですから、気になっている受験生も多いはず。

口述試験は以前に紹介したので、今回は実務補習の情報を紹介します。


■実務補習の概要

1.目的:
  二次試験合格者が診断士登録を行うために、
  二次試験合格後の3年以内に実務補習を15日分
  受ける必要がある。
  ※実際の診断実務でも登録要件を満足できます。

2.時期と期間:
  2月    :15日コース、5日コース
  7、8、9月: 5日コース
  ※2月期の5日コースは、15日コースの一回目と合同となる。

3.費用:
  15日コース:15万円
   5日コース: 5万円
  ※総額は15万円かかります。

4.場所:
   札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡
   ※意外に少ないので、ホテル代や旅費が必要な場合もあります。

5.内容:モデル的には次のような日程で進みます。
  1日目  :顔合わせ、訪問先企業の情報確認、企業訪問、情報整理・議論
  2?3日目:環境分析、提案内容整理、診断書の骨子議論
  3?4日目:診断書作成、印刷、製本
  5日目  :診断報告会
  ※前半2日、後半3日の間に自主学習機関として一週間程度の期間が空きます。
  ※後は、1日目はご挨拶の飲み会、5日目はお疲れさん会ですね。

6.指導診断士:
  実施エリアの協会支部内の知名度のある専業の診断士先生が担当されます。



次回も続きますよ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uyokyoku.blog63.fc2.com/tb.php/151-512c4a80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

Doopo

Author:Doopo
技術系のサラリーマンが中小企業診断士を目指して、2008年に一次・二次を合格しました。
これからは資格の効率的な活用を考えていきます。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー


10 ≪ 2017/11 ≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク
お知らせ

本ブログでは、アフィリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をご紹介しておりますが、商品のご購入に関しましては、お客様とリンク先ホームページ管理人とのお取引となります。お取引に当たりましては、当ブログ、および、管理人には一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。また、商品のご購入に関するお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

楽天

ブログ内検索

PR

カテゴリ
カウンター

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

 | 紆余曲折の診断士TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。