診断士受験4年目にしてつかんだ2008年合格。多年度受験の反省を踏まえて、効果的な勉強法をアドバイスしていきますよ。

--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/03/22(日)22:57

電卓小

中小企業診断士の二次試験では電卓が使用できます。
今日は電卓力強化のお勧めです。

  〔関連記事も読みませんか〕

  7.事例2 (マーケティング事例) 解答のコツ
  6.事例1 (組織事例) 解答のコツ
  5.電卓活用術 実践編(3)?安全性経営指標の算出? 
  4.電卓活用術 実践編(2)?効率性経営指標の算出?
  3.電卓活用術 実践編(1)?収益性経営指標の算出?
  2.(本記事) 電卓力強化のすすめ
  1.二次試験突破に必要な能力とは


さて、皆さんはどんな電卓を使っていますか? カード形や百均で買ったような安物の電卓では、合格が遠くなります。

事例?の得点アップには、電卓能力の向上が欠かせません。

 

電卓能力は、「電卓」と「使いこなす能力」の組み合わせで構成されます。

初心者は、まず、「電卓」を見直しましょう。

 

診断士試験で求められる電卓の機能ですが、結論から言うと以下の5つです。

  1. GT(グランドトータル)機能
  2. MC/MRが独立していること
  3. 桁下げ(シフト) ※修正機能
  4. キーロールオーバー機能 早打ち機能
  5. ダブルゼロキー


どれも、安い電卓にはついていない機能です。

次の写真は管理人が実際に使っていた電卓です。もちろん、上の条件は全て満足しています。初学生のときに左のシャープの電卓を購入して使いました。その後、左打ちに合わせて右のカシオの電卓を二台を購入しました。

あまり知られていませんが、電卓のキー配置は、?カシオ型、?シャープ型の二つが主流となっており、それ以外の製品は、この二つのどちらかに近いものです。 シャープは、テンキーの右側に機能キーが2列あり、カシオでは、テンキーの両側に機能キーが1列づつ配置されています。 管理人は、じっくり打ち比べてみましたが、左手打ちではストロークが短くて済むカシオ型が間違うことが少なくてよかったですね。

また、左打ちですが、診断士試験では必須ではありませんが、できれば身につけたいテクニックです。
左手で電卓をたたきながら、右手でメモを書いたり、ページをめくったりすることができるので効率がよいからです。PCと違ってキーが少ないので、3日も続けると、ブラインドタッチで打てるようになりますよ。

また、買値ですが、シャープ(EL-337M)が4000円程度、カシオ(JS-20VK)が9000円程度でした。キータッチや操作音の小ささなどに値段の差がありますが、試験用としては、4000円以上のものでしたら、製品のつくりや品質から見て問題ないと思います。

 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
写真の電卓について
突然の書き込み失礼致します。
簿記1級勉強中の者です。
今電卓を探して家電店をまわっているのですが、なかなか理想の電卓に出会えずにいたところ、こちらの写真に載っている右2つの電卓が求めているキー配置や幅にとても近そうでした。
メーカーはカシオとのことですが、よろしければ型番をお教えいただけませんでしょうか。
2011/03/21(月) 21:05 | URL | 電卓探して三千里 #-[ 編集]
Re: 写真の電卓について
電卓探して三千里さま

簿記も診断士の財務会計でも電卓あってこそですから、
自分に合った電卓は最高の相棒になりますよね。

ところで、お問い合わせの写真右の電卓ですが、
カシオの JS-20VK eco です。

少し前の製品なので、新品入手は難しいかもしれません。

カテゴリーは、「本格実務電卓」の中の「検算電卓」となります。

現在のカシオのHPで探してみると、完全に同じというものはないですが、

 JS-20WK

が後継機種となります。税金計算のキーが二つ増えただけで、その他の
キー配列は同じです。値段も張りますが、キータッチも最高ですよ。

但し、現地では検算機能は使わないようにしましょう。
確認音が出るので試験官に咎められる可能性があります。


早く理想の電卓に巡り合えると良いですね。

2011/03/22(火) 17:13 | URL | Doopo #-[ 編集]
ありがとうございます
早速のご回答ありがとうございます。
現在は安物のシャープ電卓を左打ちしているからなのか、打ちにくいと思うときが多々あります。
ですがご回答の「JS-20WK」は理想にぴったりです。さっそくまた違う家電店へ行き触ってみようと思います。

ご指摘頂いた検算機能も試験場では使わないよう気をつけます。
ですがまず検算機能というものがあることに驚きです。一度は使ってみたい機能ですね。

これで電卓ジプシーも終えることができそうです。お忙しい中本当にありがとうございました!
2011/03/22(火) 22:52 | URL | 電卓探して三千里 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uyokyoku.blog63.fc2.com/tb.php/27-fca5210b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

Doopo

Author:Doopo
技術系のサラリーマンが中小企業診断士を目指して、2008年に一次・二次を合格しました。
これからは資格の効率的な活用を考えていきます。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー


10 ≪ 2017/11 ≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク
お知らせ

本ブログでは、アフィリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をご紹介しておりますが、商品のご購入に関しましては、お客様とリンク先ホームページ管理人とのお取引となります。お取引に当たりましては、当ブログ、および、管理人には一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。また、商品のご購入に関するお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

楽天

ブログ内検索

PR

カテゴリ
カウンター

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

 | 紆余曲折の診断士TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。