診断士受験4年目にしてつかんだ2008年合格。多年度受験の反省を踏まえて、効果的な勉強法をアドバイスしていきますよ。

--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/04/04(土)19:35

中小企業診断士の二次試験の事例2(マーケティング事例)の得点アップのコツです。


  〔関連記事も読みませんか〕

      7.診断士試験 事例2 (マーケティング事例) 解答のコツ (本記事)
      6.診断士試験 事例1 (組織事例) 解答のコツ
      5.診断士受験のための電卓活用術 実践編(3) ?安全性経営指標の算出?
      4.診断士受験のための電卓活用術 実践編(2) ?効率性経営指標の算出?
      3.診断士受験のための電卓活用術 実践編(1) ?収益性経営指標の算出?
      2.電卓力強化のすすめ
      1.二次試験突破に必要な能力とは

 

事例2は、問題文で混乱することが少ないので、好きな方も多いのではないでしょうか。

その分、差がつきにくいと言われている事例です。

本事例で得点アップするポイントは一つ

事例?では、提案力を身につけて提案問題で差をつけること。

 

これをブレークダウンすると、

    • 提案問題
      • 事例2は、提案型設問(H20の第5問等)があり、サービス問題である。
      • 理由は、与えられた条件内なら、何を書いても点がもらえるから。
    • 与えられた条件とは、
      • 実行可能なこと(リソース、ノウハウ)
      • 他の設問の解答と重複・矛盾しないこと
    • それをするためには、
      • どんな条件内でも提案できる提案力が必要!
      • 持ってなければ、提案の引き出しを増やすこと!

となるわけです。

対策ですが、まずは、中小企業白書を攻めましょう。特に、事例やコラムに紹介されている企業は要チェックです。(中小企業庁のHPでもダウンロードできますが、診断士を目指す方は毎年購入しましょうね)

その上で、提案力の充実を図るために、好きなマーケティング本を読みましょう。管理人がお勧めなのは、次の3冊です。(下に行くほど、会社規模が大きくなります。(笑))


こうして、振り返ってみると、事例2の対策も、結構、地道ですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uyokyoku.blog63.fc2.com/tb.php/34-62814022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

Doopo

Author:Doopo
技術系のサラリーマンが中小企業診断士を目指して、2008年に一次・二次を合格しました。
これからは資格の効率的な活用を考えていきます。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー


10 ≪ 2017/11 ≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク
お知らせ

本ブログでは、アフィリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をご紹介しておりますが、商品のご購入に関しましては、お客様とリンク先ホームページ管理人とのお取引となります。お取引に当たりましては、当ブログ、および、管理人には一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。また、商品のご購入に関するお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

楽天

ブログ内検索

PR

カテゴリ
カウンター

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

 | 紆余曲折の診断士TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。