FC2ブログ
診断士受験4年目にしてつかんだ2008年合格。多年度受験の反省を踏まえて、効果的な勉強法をアドバイスしていきますよ。

--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/04/08(水)00:29

一陸技の効率的な取得方法として、関連資格の活用法を解説します。


国家試験では、関連する国家試験の資格を持っていると、科目が免除されることが多くあります。
(これは、資格の有効性を高めるための制度なんだと思います。)

さて、一陸技の場合には、どの資格が効果的なんでしょうか。


管理人のお勧めは、有線通信系技術資格の雄である、電気通信主任技術者(伝送交換)です。

お勧めの理由は、この資格を持っていれば、受験するのは、「無線工学B」(アンテナ理論ですな)、「法規」の2科目で済むからです。言い換えると、4科目中で半分の2科目(「無線通信の基礎」、「無線工学A」)が免除されるからです。


あれ、違和感がありますか? 一昨年度(H19)の科目毎の合格率から言うと、

  1. 無線通信の基礎:23.8%
  2. 無線工学A   :18.5%
  3. 無線工学B   :23.4%
  4. 法規       :64.5%

となり、以外にも無線工学Aが一番難しい科目ということになります。

※工事担任者という関連資格でも、この主任技術者資格は科目免除に威力を発揮してくれますよ。

実際、管理人は電気通信主任技術者(伝送交換)の資格者なので、1月の一陸技受験では、「無線工学B」「法規」の2科目のみを受験して、一発合格できました。

(でも、二科目が二日に割れていたのには、閉口しましたが。(笑))

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uyokyoku.blog63.fc2.com/tb.php/35-f8c59417
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

Doopo

Author:Doopo
技術系のサラリーマンが中小企業診断士を目指して、2008年に一次・二次を合格しました。
これからは資格の効率的な活用を考えていきます。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー


08 ≪ 2018/09 ≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク
お知らせ

本ブログでは、アフィリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をご紹介しておりますが、商品のご購入に関しましては、お客様とリンク先ホームページ管理人とのお取引となります。お取引に当たりましては、当ブログ、および、管理人には一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。また、商品のご購入に関するお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

楽天

ブログ内検索

PR

カテゴリ
カウンター

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

 | 紆余曲折の診断士TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。