FC2ブログ
診断士受験4年目にしてつかんだ2008年合格。多年度受験の反省を踏まえて、効果的な勉強法をアドバイスしていきますよ。

--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/05/03(日)00:14

管理人の今年のGWですが、予定が大幅に変更となったため、唐突に暇ができてしまいました。

そこで、われわれ共通のテーマである中小企業診断士の試験に向く人・向かない人を考えてみました。


基本的な学力があることを前提とすると、一次試験・二次試験のそれぞれについて、適性が高い人は以下の能力が高い人だと考えています。


 一次試験 : 計画性の高い人

 二次試験 : コミュニケーション能力が高い人



何故だか分かりますか。理由は簡単です。

一次試験は科目数が多いため、満遍なく勉強していくための計画性が要求されるためです。もちろん、時間をかければ、合格は可能です。しかし、短期合格するには、計画性が高い方が向いています。

二次試験では、設問の要求を正しく解釈できること解答を分かりやすく表現できることが要求され、これを総称すると、コミュニケーション能力となります。


中小企業診断士の試験合格の難しさは、実は、この二つの能力のギャップにあります。

 

時間をかけて頑張れば何とかなる一次試験と違って、二次試験は人間性に近い部分の能力が要求されています。そのため、知的腕力が強くても、唯我独尊で人の話を聞かないタイプは、なかなか合格できないわけです。

二次試験に合格できない多年度受験生の方は、一度、ご自分の能力の棚卸しをされてみたらいかがでしょうか。案外、磨くべき部分は学力そのものではなく、コミュニケーション能力かも知れませんよ。

 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uyokyoku.blog63.fc2.com/tb.php/50-11a321f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

Doopo

Author:Doopo
技術系のサラリーマンが中小企業診断士を目指して、2008年に一次・二次を合格しました。
これからは資格の効率的な活用を考えていきます。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー


10 ≪ 2018/11 ≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク
お知らせ

本ブログでは、アフィリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をご紹介しておりますが、商品のご購入に関しましては、お客様とリンク先ホームページ管理人とのお取引となります。お取引に当たりましては、当ブログ、および、管理人には一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。また、商品のご購入に関するお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

楽天

ブログ内検索

PR

カテゴリ
カウンター

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

 | 紆余曲折の診断士TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。