診断士受験4年目にしてつかんだ2008年合格。多年度受験の反省を踏まえて、効果的な勉強法をアドバイスしていきますよ。

--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/05/04(月)18:24

少し前に読んだ本ですが、司法試験受験指導をしている井藤公量弁護士の勉強本「試験に受かる超効率勉強法」に、中小企業診断士受験でも参考になる話があったので、紹介しておきます。

巻末特別講座に記された8個の受験心得です。

  1. 思い立ったら申し込め
    自信がつくまで待っていたら、一生受けられない
     
  2. 短期決戦で行け
    期限を切った計画で集中力を高めろ
     
  3. 受験仲間の勉強会には参加するな
    但し、自分よりもレベルの高い仲間や合格者のオブザーバがいる場合は有効
     
  4. 試験委員対策など不要だ
    対策は予備校の模試で十分できる。後は、スタンダードな考え方を磨けばよい。
     
  5. 奴隷答案を書け
    論述試験では、自分を殺して出題委員の意図に沿った答えを書く
     
  6. 受験直前期のすごし方 → 直近の過去問を解け
     
  7. 合格発表までのすごし方 → 落ちた場合を想定して来年の勉強を計画せよ。
     
  8. 試験に落ちたときの心得 → 受かるまで諦めない
    (1と8ができれば、必ず受かりますよ。)
     

いちいち納得の心得ですが、特に、お勧めしたいのが、奴隷答案を書けです。これは、出題者の意図に沿った解答を作れということです。当たり前のようですが、これがなかなかできていないのが、二次試験の難しさですね。

与えられた問題を淡々と解くのではなく、何が求められているのかをしっかりと把握してから解答を書き上げることは、小手先の受験テクニック(たとえば、「空欄を5マス以上空けない。」とか)よりも、はるかに重要なポイントとなります。

試験に受かる超効率勉強法―司法試験の合格請負人井藤公量の試験に受かる超効率勉強法―司法試験の合格請負人井藤公量の
(2002/01)
井藤 公量

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uyokyoku.blog63.fc2.com/tb.php/51-7ed142b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

Doopo

Author:Doopo
技術系のサラリーマンが中小企業診断士を目指して、2008年に一次・二次を合格しました。
これからは資格の効率的な活用を考えていきます。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー


10 ≪ 2017/11 ≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク
お知らせ

本ブログでは、アフィリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をご紹介しておりますが、商品のご購入に関しましては、お客様とリンク先ホームページ管理人とのお取引となります。お取引に当たりましては、当ブログ、および、管理人には一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。また、商品のご購入に関するお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

楽天

ブログ内検索

PR

カテゴリ
カウンター

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

 | 紆余曲折の診断士TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。